独立行政法人福祉医療機構 社会福祉進行助成事業
読み書き(代読・代筆)情報支援の全国普及促進シンポジウム
開催のご案内

 日 時  平成24年3月3日(土) 13時00分〜16時30分
 場 所  千代田区立日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール
 シンポジスト  相賀 昌宏(大活字文化普及協会理事長/小学館社長)
 岩井 和彦(読書権保障協議会 会長/日本盲人社会福祉協議会 運営委員)
 前田 章夫(読書権保障協議会事務局長/日本図書館協会理事)
 田中 章治(読書権保障協議会副会長/日本図書館協会障害者サービス委員会 前委員長)
 山内 薫(読書権保障協議会委員/墨田区立あずま図書館)
 森田 直子(函館視覚障害者図書館 専務理事)
 三上 博志(読書権保障協議会 品川支部長)
 内 容

 ●理事長挨拶
  /相賀 昌宏(大活字文化普及協会理事長/小学館社長)
  「出版の定義を広げる!」

 ●主催者挨拶:
  /岩井 和彦(読書権保障協議会 会長/日本盲人社会福祉協議会 運営委員)
  「情報支援体制の全国普及 〜 情報は命!〜」

 ●読み書き情報支援員養成講習会
   事業報告/前田 章夫(読書権保障協議会事務局長/日本図書館協会理事)
  「平成23年度 読み書き(代読・代筆)支援員養成基礎講習会 全3回の開催結果報告」

 ●千代田区立日比谷図書文化館
   事業報告/田中 章治(読書権保障協議会副会長/日本図書館協会障害者サービス委員会 前委員長)
  「障害者サービス発祥の地 日比谷図書文化館にて開始された新たな情報支援」

 ●読書権保障協議会 品川支部 
   事業報告/三上 博志(読書権保障協議会 品川支部長)
  「品川支部の活動報告 今後の支援事業実施へ」

 ●小学館 読み書き(代読・代筆)情報支援員入門書
   発行記念報告/山内 薫(読書権保障協議会委員/墨田区立あずま図書館)
  「高齢者・障害者のための読み書き(代読・代筆)情報支援員入門 発行によせて」

 ●函館視覚障害者図書館 
   事業報告/森田 直子(函館視覚障害者図書館 専務理事)
  「函館市における読み書き(代読・代筆)情報支援 新たな予算確保に向けて」

 ●パネルディスカッション
  「情報支援体制の全国普及と今後の展望」

 受講料  無料 ※予約制
 定 員  200名

●アンケート結果報告●

1.今回のシンポジウムをどこで知りましたか?

 DM(FAX)
29
30.9%
 勤務先
9
9.6%
 社協
0
0.0%
 図書館
1
1.1%
 地方自治体
0
0.0%
 新聞記事
28
29.8%
 インターネット
11
11.7%
 知人から
8
8.5%
 その他
8
8.5%

100.0%
複数回答者2名あり

グラフ

◆最も多いのがDMからの申込。次に新聞記事が続く。東京新聞19名、読売2名(複数回答有)

 

2.シンポジウムに参加された目的をお聞かせください(複数回答)

 現在の職場での活用
17
 ボランティアの活動での活用
40
 今回の知識を新たな業務へ活かすため
12
 自らのスキルアップのため
29
 その他
19
グラフ

◆実際に読み書き(代読・代筆)情報支援を行いたいと考える方が多い。

 

3.シンポジウムの内容はいかがでしたか?

 満 足
29
37.2%
 ほぼ満足
37
47.4%
 どちらとも言えない
11
14.1%
 やや不満
1
1.3%
 不 満
0
0.0%
※14名未記入者あり。 100.0%
グラフ

◆約85%の方が満足している結果が出た。

 

4.代読・代筆、情報支援等の情報提供を希望しますか?

 希望する
75
94.9%
 希望しない
4
5.1%
※13名未記入者あり。
 

◆ほとんどの方が今後の支援活動に意欲・関心を持っている。

4.シンポジウムで最も興味深かった内容は?
5.シンポジウムの改善点は?
6.シンポジウム内容についての質問
7.その他、支援員に対するご意見、ご要望

4〜7のアンケート結果についてはこちらからご覧頂けます。(PDFファイルをダウンロード


 

 


特定非営利活動法人 大活字文化普及協会
www.daikatsuji.co.jp
東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル6F
○普及協会事務局:TEL.080-4071-9402 mail:masamitsu@daikatsuji.co.jp
○大活字社:03-5282-4361、03-3259-2200