読み書き(代読・代筆)情報支援員養成基礎講習会
開催のご報告

主催:特定非営利活動法人 函館視覚障害者図書館
運営協力:
特定非営利活動法人 大活字文化普及協会
後援:一般社団法人 函館視覚障害者福祉協議会、社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会

読み書き(代読・代筆)情報支援とは、高齢者や障害者などで、日常生活や学習・趣味の場などにおいて読み書きに不自由のある方に、読み書きのお手伝いをすることを目的とする活動です。
この読み書きの支援を行う人を「読み書き(代読・代筆)情報支援員」として養成していくことを目指して講習会を開催します。

 日 時  平成25年9月6日(金)〜 7日(土) 6日(金) 13:30〜17:00  7日(土)10:00〜17:00
 場 所  函館市総合福祉センター 4階会議室(北海道函館市若松町33-6)
 講 師  高橋秀夫(読書権保障協議会委員 社会福祉法人 岐阜アソシア 館長)
 藤野朋子(行政書士)
 島信一朗(一般社団法人函館視覚障害者福祉協議会 理事長)
 森田直子(特定非営利活動法人函館視覚障害者図書館 館長)
 松尾悦子(函館きつつき点訳奉仕団 代表)
 内 容

 【9月6日(金)】
 ●主催者開会の挨拶
  /大浅 昭夫(函館視覚障害者図書館理事長)
 ●NHK報道ニュース放映〜講習会紹介ニュース〜
 ●「読み書き(代読・代筆)情報支援〜定義説明と全国の実施状況」 
 ●「読み書き支援活動」としての代読の技術 1
  / 発声・音読の基礎・アクセント等
 ●「読み書き支援活動」としての代読の技術 2
  /写真・図・グラフ等の読み方の基礎

 【9月7日(土)】
 ●「同行援護における読み書き(代読・代筆)情報支援」
 ●「代書実務と読み書き情報支援」
 ●「視覚障害者ネットワークと読書権保障」
 ●「読み書きサービス〜点字の基礎知識〜受講生との実演含む〜」
 ●「利用者のお話〜代読・代筆サービスを受けて〜」
 ●「演習T〜代読の技術と守秘義務の概要〜」
 ●「演習U〜代筆の技術〜」
 ●閉会の挨拶

 受講料  3,000円(テキスト・資料・基礎講習修了証交付発送代含)
 定 員  50名

 

●アンケート結果報告●

1.今回の講習会をどこで知りましたか?

 DM(FAX)
4
 勤務先
4
 社協
5
 図書館
21
 地方自治体
1
 新聞記事
5
 インターネット
0
 知人から
4
 その他
4
グラフ

◆図書館が大半を占める。その他は、ほぼ同数。インターネットによるものは見られなかった。

 

2.講習会に参加された目的をお聞かせください(複数回答)

 現在の職場での活用
11
 ボランティアの活動での活用
24
 今回の知識を新たな業務へ活かすため
6
 自らのスキルアップのため
14
 その他
0
グラフ

◆半数以上がボランティア活動での活用が目的。次いで自身のスキルアップを目的としている。

 

3.講習会の内容はいかがでしたか?

 満 足
27
36.1%
 ほぼ満足
14
55.5%
 どちらとも言えない
0
8.8%
 やや不満
0
0.0%
 不 満
0
0.0%
100.4%
グラフ

◆参加者全員が「満足」「ほぼ満足」。「どちらとも言えない」「やや不満」「不満」は見られなかった。

 

4.講習会で最も興味深かった内容は?
5.講習会の改善点は?
6.支援員に対するご意見、ご要望
7.質問内容

4〜7のアンケート結果についてはこちらからご覧頂けます。(PDFファイルをダウンロード


 


特定非営利活動法人 大活字文化普及協会
www.daikatsuji.co.jp
東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル6F
○普及協会事務局:TEL.080-4071-9402 mail:masamitsu@daikatsuji.co.jp
○大活字社:03-5282-4361、03-3259-2200