読み書き(代読・代筆)情報支援員養成基礎講習会
開催のご案内

主催:NPO 法人 大活字文化普及協会(専門委員会・読書権保障協議会)
共催 :堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター

読み書き支援とは、高齢者や障害者などで、日常生活や学習・趣味の場などにおいて読み書きに不自由のある方に、読み書きのお手伝いをすることを目的とする活動です。この読み書きの支援を行う人を「読み書き支援員」として養成していくことを目指して講習会を開催します。

受講された方には「基礎講習修了証」を交付します。

 日 時  平成24年12月23日(日)〜 24日(月)、10時30 分〜 17 時00分(両日とも)
 場 所  堺市立健康福祉プラザ
 講 師
(予定)
 岩井和彦(読書権保障協議会委員/堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター所長)
 前田章夫(読書権保障協議会事務局長/日本図書館協会理事)
 加藤俊和(読書権保障協議会委員/全国視覚障害者情報提供施設協会参与)
 山田五月(たんぽぽの会代表)
 藤野朋子(行政書士)
 原田敦史(堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター)
 高橋三智世(堺市立健康福祉プラザ視覚・聴覚障害者センター)
 内 容

※一部変更になる場合がございますので、予めご了承願います。

 【12月23日(日)】
 ●開会の挨拶「読むこと・生きること・情報は命!」

 ●読むこと・生きること〜利用者の願い

 ●定義説明および関西の実施状況報告

 ●「読み書き支援情報支援活動」としての代読の技術1- 発声・音読の基礎・アクセント等

 ●「読み書き支援情報支援活動」としての代読の技術2- 写真・図・グラフ等の読み方の基礎

 ●読み書きサービス(代読)の技術と守秘義務の概要

 ●読み書きサービス(代筆・点字の基礎)の技術:書類記入等の技術

 【12月24日(月)】
 ●函館市実践事例- 新たな予算確保に向けて〜DVD放映〜
 
 ●同行援護における読み書き(代読・代筆)情報支援
 
 ●読み書きに困難な人とは- 高齢者や障害者等の実態、情報環境の現状
 
 ●読み書きサービス(代読・代筆)〜拡大写本の基礎〜
 
 ●代書実務と読み書き情報支援
 
 ●パネルディスカッション「読み書き情報支援と読書権アピール」

 ●閉会の挨拶「今後の活動と読書権保障」

 受講料  3,000円( 資料代・修了証後日配送代等含む) ※当日の会場にてお支払いください。
 定 員  80名( 先着順に受付し、定員になり次第、締め切ります。)

 

お申し込みはこちら
PDFの場合はダウンロードし、必要事項をご記入の上、FAXでお送り下さい。
PDFはこちら

メールの場合は下記から、
所属団体名、お名前、ご住所、電話番号、E-mailアドレス、FAX番号をご記入の上、ご送信下さい。
メールの方はこちら

[問い合わせ&申込先]
NPO法人 大活字文化普及協会事務局
電話:080−4071−9402 または 080−4071−9427
FAX:03−5282−4362  メール:masamitsu@daikatsuji.co.jp

 


特定非営利活動法人 大活字文化普及協会
www.daikatsuji.co.jp
東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル6F
○普及協会事務局:TEL.080-4071-9402 mail:masamitsu@daikatsuji.co.jp
○大活字社:03-5282-4361、03-3259-2200