読み書き(代読・代筆)サービスの実現に関する質問

社民党


質問1:読み書き(代読・代筆)サービスの必要性について

1. 読み書きサービスを市区町村が主体として実施する公的サービスとして実施することについて、お考えをお聞かせ下さい。

2. 読み書きサービスの対象者を、読み書きに困難がある高齢者と障害者とすることについて、お考えをお聞かせ下さい。

3. 実施場所として、公共図書館等の公共施設に設置された個室とすることについて、お考えをお聞かせ下さい。

 

回 答

1. 文字情報にアクセスする権利がすべての人に保障されるべきと考えます。読み書きサービスを自治体が主体となって公的に提供することには大賛成です。

2. 読み書きサービスは、高齢者や障害者をはじめ、読み書きに困難のあるすべての人に提供されるべきと考えます。

3. 読み書きサービスの実施場所は、なるべく身近な公的な場で提供されることが好ましいと考えます。公共図書館等に設置されている個室を活用することはとてもよい考えだと思います。

 

 

質問2:読み書きサービス支援員養成について

1. 読み書きサービス支援員養成講座を受講した者に認定資格等を与えることで、一定の技能を習得した者が読み書き(代読・代筆)サービスを実施することについてお考えをお聞かせ下さい。

2. 認定資格を得て、守秘義務を持つ者が、地方自治体に雇用されて公的サービスの実施を行うことについて、お考えをお聞かせ下さい。

3. 都道府県が読み書きサービス支援員養成講座を行い、読み書きサービス支援員を養成して、市区町村が主体として実施する際には、雇用に伴う人件費を補助する仕組みを持つことについて、お考えをお聞かせ下さい。

4. その他、読書や読み書きに困難を伴う高齢者や障害者を対象として、行政機関が公的サービスとしてサポートをする全国的な仕組みを実現することについて、ご意見があればお聞かせ下さい。

 

回 答

1. 読み書きサービスを提供する際には一定のノウハウが必要であり、技能の習得を証明するための認定制度を設けることを検討する必要があると思います。

2. 読み書きサービスの提供にあたっては、個人情報に接することもあると考えられるので、守秘義務を課された者によって自治体の責任で提供されることが好ましいと考えます。

3. 都道府県が読み書きサービス支援員養成を行い、市町村が主体となってサービスを提供する際の費用を補助する仕組みを設けるというご提案には賛成です。

4.

先進的な自治体で取り組みをすすめつつ、国もナショナルミニマムを保障するための体制を実現する必要があると考えます。高齢社会となり、読み書き支援の潜在的な需要はいっそう大きくなっていくことが確実です。財政的な問題もありますが、国、自治体、NPOなどの民間が協力し、知恵を出し合って、読み書きサービス提供の体制を整備していくことが求められていると思います。


特定非営利活動法人 大活字文化普及協会
www.daikatsuji.co.jp
東京都千代田区神田神保町1-3 冨山房ビル6F
○普及協会事務局:TEL.080-4071-9402 mail:masamitsu@daikatsuji.co.jp
○大活字社:03-5282-4361、03-3259-2200